巾着袋の使い道

巾着袋を使う鞄の中の整理術

2017年05月18日 17時49分

女性は大きな荷物を持つ人も多いです。
エディターズバックは格好いいのですが、バッグの中を探す女性も少なくありません。
女性ならば、化粧ポーチ・スマートフォン・大型の財布が収納されなければなりません。
さらに、小物も多く鞄の中はどうしても、バラバラになってしまいます。
そこで、巾着袋とポーチをフル活用して整理しましょう。
 
まずは、細かい雑貨を二つに区分けします。
メイク道具などの使う頻度が高いものはポーチに入れてまとめ、あまり使わないものを巾着袋にいれます。
ポーチは上にジッパーがあるので出し入れがしやすいからです。次のような区分けを目安にしてみてください。
・巾着袋:生理用アイテム・エコバック・シュシュ・ヘアピン…。
・ポーチ:ボールペン・絆創膏・印鑑・常備薬・メイク道具…。
 
形がきちんとしない布製のものや柔らかいタイプは巾着のほうがいいでしょう。
ポーチは仕切りのあるタイプのほうが使い勝手がいいです。
 
では、収納編です。
鞄にポーチ・メガネケース・財布など、形がしっかりしたものを入れましょう。
そして、巾着を入れますが、鞄の端のほうにいれるとまとまりやすいです。
出先でペットボトルを買っても、巾着を押しこめば収納できます。
 
整理された状態をキープするには、整理のためのアイテムの数をミニマムにしておくことです。
ポーチ1個で巾着袋1個です。
それと、小物の保管場所をキチンと決めると、使用しても同じ場所に戻すことがルールになってきます。
 
財布の長さとポーチの長さを同じサイズにしておくと統一感もできるしバランスもいいです。
出先から帰ってきたら、まずは鞄の中身を点検することを習慣にするとキレイな状態になります。
柔らかい巾着袋をポーチを上手に使い分けるとスッキリと片付きます。